KR:CH:HK:TW

極東アジアの5ヶ国(地域)間を、なんとなく比較してみるブログです。

韓国/中国/香港/台湾の週間チャート1位は?(20180115週)

 今週も各国の週間チャートを確認していきたいと思っていますが、今週はなんと、4ヵ国(もしくは地域)ともに、過去に1位だったことがある曲が1位になっていたので追加で紹介することがありません。

 1位曲の詳細は先週/先々週の記事に記載しれているので、そちらを確認して頂くとして、歌手名、曲名、YouTubeのリンクだけ記載しておきます。

 新しい曲に出会うのがいつも楽しみだったので、そういった意味では残念ですが、長く1位でいつづけられるということはそれだけ良い曲だということでもあると思います。まだ聞いてない方はぜひ聞いてみてください。

 なお、当記事を作成するにあたっては、いつもと同様に、以下のチャートを参照しています。

-韓国:Melon chart

-中国:V chart

-香港:Kkbox Hongkong chart

-台湾:Kkbox Taiwan chart

 

■韓国

 1/15週から2週連続で、『チャンドクチョル(JANG DEOK CHEOL)』の「クナル チョロム(Good old days)」が1位。

youtu.be

 

■中国

 『王源(レイ・ワン)』の「Sleep」が1位にランクイン。1/1週に1位だったこの曲は、1/8週には2位に下がっていたが、当週に再び1位を奪還している。

youtu.be

 

■香港

 1/1週から3週連続でロックバンド『ToNick』の「長相廝守」が1位。どの曲がこの曲に変わって1位の座に就くのかが非常に楽しみになってきた。

youtu.be

 

■台湾

 1/8週から2週連続で、『林俊傑(JJ Lin)』の「黒夜問白天 (53 Dawns)」が1位にランクイン。

youtu.be

 

韓国/中国/香港/台湾の注目のスタートアップサービスを確認してみよう。(2018年1月時点)

  今回は各国(もしくは地域)の注目のスタートアップサービスを確認してみます。対象は、「企業」ではなく、「サービス」である点をご留意ください(例えば、“食べログ”の場合、カカクコムが企業で、食べログがサービスです)。

  記事を作成するにあたっては、Startup Ranking(https://www.startupranking.com/)というサイトを参考にしています。当サイトでは、以下のような尺度で、全世界及び国別のランキングを算出しています。

  • Web上における影響度(検索件数、Webサイトのアクセス件数等)
  • SNS上における影響度(言及された回数、いいねの数等)

  今回は、国別のランキングで各国(もしくは地域)の1~3位にランクインしているスタートアップサービスのうち、筆者が個人的に興味を持てたサービスをピックアップしています(1位に絞るとWeChatやKakao Talk等、割と知られているサービスも含まれてしまうので)。何か、面白い発見があったらいいですね!

 

■韓国

f:id:neeen4102:20180122201939p:plain

  • サービス名: Send Anywhere
  • 世界ランク: 479位
  • 国別ランク: 韓国2位 
  • 分類: ファイル送受信サービス

 韓国発スタートアップサービスのランキングでは、2位にランクインしている、ファイル送受信サービス「Send Anywhere」をピックアップ(1位はメッセージングアプリ「Kakao Talk」)。

 「Send Anywhere」の特徴は、送受信者間で、6桁のコード値さえ設定すれば、簡単にファイルを転送できるということ。メールやGoogle Drive等のクラウドストレージを使ったファイル共有に比べても、簡単に、そして安全にファイル共有ができることがこのサービスの売りである。

 送受信する端末がAdroid端末であれ、IOS端末であれ、PCであれ、操作は至って簡単。「Send Anywhere」のアプリやWebサイト上で送りたいファイルを選択すると、6桁のコードが払いだされるので、そのコードを送信先の相手に共有する。コードを受け取った相手が「Send Anywhere」にコードを入力すると、ファイルをダウンロードできる仕組みになっている。

 基本的に無料なので、ファイルを送受信することが多い方は、「Send Anywhere」を使ってみてはどうか。

(↓↓以下、「Send Anywhere」の紹介動画↓↓)

 

www.youtube.com

 

■中国

f:id:neeen4102:20180122202003p:plain

  • サービス名: Mockplus
  • 世界ランク: 372位
  • 国別ランク: 中国2位 
  • 分類: ラピットプロトタイピングツール

 中国発スタートアップサービスのランキングからは、2位にランクインしている、ラピットプロトタイピングツール「Mockplus」をピックアップ(1位はメッセージングアプリ「WeChat」)。

 サービスデザイン手法やアジャイル開発が注目を集めているなかで、それらの主要な要素の一つであるプロトタイピングをサポートするツールの数も増えている。今回紹介する「Mockplus」も数あるプロトタイピングツールの中の一つ。

 複数ユーザーで協業できるようにするコラボレーション機能が標準装備されている(無料で提供されている)ことや、エンドユーザーの意見を踏まえてクイックに反映していくというプロトタイピングの本来の目的を踏まえて、簡単にレビューコメントを記録・管理できる機能を持っていることが特徴。

 複数人でプロトタイピングを行う想定がある方は、「Mockplus」の使用を検討してみてはいかがか。

(↓↓以下、「Mockplus」の紹介動画↓↓)

 

www.youtube.com

 

■香港

f:id:neeen4102:20180122202020p:plain

  • サービス名: AMZ Tracker
  • 世界ランク: 820位
  • 国別ランク: 香港3位 
  • 分類: SEO検索エンジン最適化)サポートツール

 香港発スタートアップサービスのランキングからは、3位にランクインしている、SEO検索エンジン最適化)サポートツール「AMZ Tracker」をピックアップ(1位はネタ画像投稿サイトの「9GAG」、2位は仮想通貨信用取引所の「BitMAX」)。

 SEOとは、Search Engine Optimizationの略であり、検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのこと。Webサイトが検索結果でより多くの露出するようにし、ビジネスを成長させることがSEOの目的であり、Webサイトを媒介にしてビジネスをしている企業や個人においては必須の取組となっている。

 「AMZ Tracker」はAmazonに特化されたSEOサポートツールであり、商品ごとにキーワード検索結果の順位と推移を表示してくれる「キーワードランキング追跡機能」や競合セラーが売っている商品の価額や販売数量などを確認できる「販売実績追跡機能」、自社のWebページを分析して改善ポイントを提案してくれる「分析/改善提案機能」、低評価レビューが投稿された際にアラートしてくれる「低評価通知機能」などがある。

(↓↓以下、「AMZ Tracker」の紹介動画↓↓)

www.youtube.com

 

■台湾

f:id:neeen4102:20180122202041p:plain

  • サービス名: EZTABLE
  • 世界ランク: 1,031位
  • 国別ランク: 台湾1位 
  • 分類: レストランオンライン予約サービス

 台湾発スタートアップサービスのランキングからは、1位にランクインしている、「EZTABLE」をピックアップ。

 レストランオンライン予約サービスは、新しいサービスではないが、台湾のみでなくタイやインドネシア、香港までカヴァーしているのが「EZTABLE」の特徴。英語表示を選択できるのはもちろん、予約時に必要となる連絡先も、海外連絡先(例えば日本の携帯電話番号)を使うことができるので、海外旅行前に事前にお店を予約しておきたい人たちにとっては大変助かるサービスとなっている。

 何年か前に、クリスマスイヴに香港に訪問したが、レストランの予約をしていなかったせいで、クリスマスイヴの夜をケンタッキー・フライド・チキンで過ごした悲しい記憶を持つ筆者としては、ぜひとも活用したいサービスである。

(「EZTABLE」の紹介動画は見当たらないので省略する)

 

韓国/中国/香港/台湾の週間チャート1位は?(20180108週)

 あっという間に1月の半分が過ぎちゃいましたね。年初に建てた計画は順調に進んでいるでしょうか。僕は一応、このブログだけは続けられています。

 さて、今週も各国の週間チャート1位の曲を紹介します。先週は全体的にバラードが多かったですが、今週はどうでしょうか。

 なお、当記事を作成するにあたっては、先週と同様に、以下のチャートを参照しています。

-韓国:Melon chart

-中国:V chart

-香港:Kkbox Hongkong chart

-台湾:Kkbox Taiwan chart

 

■韓国

 男子3人組ボーカルグループ『チャンドクチョル(JANG DEOK CHEOL)』の「クナル チョロム(Good old days)」が1位にランクイン。

  『チャンドクチョル』は一見、人の名前に見えるが(苗字かチャン、名前がドクチョルの)、メンバであるチャン・ジュンヒョク、カン・ドクイン、イム・チョルの名前から一文字ずつとって作ったグループ名。主にオンライン上でのみ活動しているグループで、韓国国内における認知度も低く、情報もあまいない。

  1位曲「クナル チョロム(Good old days)」は、2017年11月にリリースされた曲。認知度が高くないグループの曲であったことから、リリース当初はあまり注目されなかったが、SNSで「恋人と別れたときに聞くべき歌」として口コミが広がり、週間チャート1位まで急上昇した。流行の移り替わり早く、チャートの1位が新曲によって毎日のように塗り替えられるような韓国で、2カ月前にリリースされた曲が1位になることは異例のこと(『EXID』の「Up&Down」など、全く事例がないわけではないが)。

  「クナル チョロム(Good old days)」のヒットで、『チャンドクチョル』の認知度が確実に高くなっており、彼らがより一層飛躍できるチャンスであることは言うまでもない。このチャンスを生かしてアーティストとしてロングランするか、ワンヒットワンダー(一時的にのみ活躍したアーティスト)になるのかは彼ら次第だ。

 

www.youtube.com

 

■中国

 男性シンガーソングライター『薛之谦(ジャッキー・シュエ)』の「渡(The Crossing)」が1位にランクイン。

  『ジャッキー・シュエ』は、2005年に行われたアイドルコンテスト「我型我SHOW」で決勝へ進出し、歌唱力とルックスが評価されて芸能界入りしている。デビューした年の新人賞を総なめしているが、それ以降も勢いは止まらず、発表している曲のほぼすべてがヒットしている。現在は、歌のみでなく、ドラマ、コマーシャル、バライエティなど幅広く活動中。自らが作詞・作曲も手がけているらしいので、多彩なアーティストであることは間違いない。

  1位曲の「渡(The Crossing)」も『ジャッキー・シュエ』が作詞を担当している曲。全体的に暗くて重たい雰囲気だが、曲全体を通して繰り返されるベース音は、なんだかカッコよくてセクシー。言葉では表現できないので、下記リンク(Youtube)で聞いてみていただきたい。

 

www.youtube.com

 

■香港

 先週に続き、ロックバンド『ToNick』の「長相廝守」が1位にランクイン。

 基本的に毎週1位が入れ替わる、韓国、中国、台湾に比べて、香港チャートはロングランすることが多いように感じる。その原因が気になるので、追々調べてみたい。

 それはさておき、ロックバンド『ToNick』と1位曲の「長相廝守」については、先週の記事に記載しているのでそちらを参照していただきたい(先週の記事はこちら)。

 

www.youtube.com

 

■台湾

 男性シンガーソングライター『林俊傑(JJ Lin)』の「黒夜問白天 (53 Dawns)」が1位にランクイン。

 『JJ Lin』は、過去の記事でも一度紹介したことがあるが、2003年に台湾でデビューし、中華圏全体で人気を博している、シンガポール出身の実力派シンガーソングライター。過去の記事でも紹介したことがあるということは、過去にも週間ランキング1位を獲得したことがあるという意味なので、台湾における『JJ Lin』の人気は、相当なものなのだろう。

  1位曲の「黒夜問白天 (53 Dawns)」は、『JJ Lin』が作曲を手掛けた曲。始まりは静で穏やかだが、後半になるにつれて徐々に力強い曲になっていく。後半部における『JJ Lin』の歌唱力は、彼が何故人気なのかを自ら証明しているようだ。

 

www.youtube.com

韓国/中国/香港/台湾の時価総額1位の企業を比較してみよう。(2017年12月末時点)

 今回は各国(もしくは地域)の時価総額1位の企業を比較してみます。

 

 ランキングは、以下のサイトにいい感じにまとまっていたので、以下のサイトにある2017年12月末時点の情報を参考にしています。

http://www.180.co.jp/world_etf_adr/adr/ranking.htm

■韓国

f:id:neeen4102:20180116002121p:plain

  • 会社名: サムスン電子
  • 時価総額: $3,280億(約37.0兆円) 
  • 世界ランク: 13位
  • 設立年度: 1969年
  • 分野: 総合家電/半導体メーカー等

 韓国では、総合家電メーカー兼半導体メーカー等である「サムスン電子」が1位にランクイン。

 「総合家電メーカー兼半導体メーカー等」という表現を使っているのは、サムスン電子が色々とやっているから。企業内の組織再編が頻繁に行われていて、組織的な分類は流動的だが、サムスン電子が行っている主な事業は、モバイル端末事業、半導体事業、白物家電事業、ディスプレイ事業の4つ。売り上げベースだと、モバイル端末事業、半導体事業、白物家電事業、ディスプレイ事業順で大きく、営業利益ベースだと半導体事業、モバイル事業、ディスプレイ事業、白物家電事業順で大きい。

 2017年は、ギャラクシー・ノート7のバッテリーの発火問題やiPhone Xの好調により、モバイル端末事業の勢いは少し衰えているが(それでもAndroid陣営のNo1であることは変わらないが)、半導体需要の爆発的な増加によって、半導体事業で売り上げを伸ばしており、史上最高の売上高を記録している。

 

■中国

f:id:neeen4102:20180116002409p:plain

  • 会社名: テンセント・ホールディング
  • 時価総額: $ 4,956億(約55.6兆円) 
  • 世界ランク: 6位
  • 設立年度: 1998年
  • 分野: インターネットサービス/オンラインゲーム

  中国では、インターネットサービスやオンラインゲームを提供するテンセントが1位。

 設立初期には、PC用メッセンジャーである「QQメッセンジャー」を媒介とする広告収入が主要なビジネスモデルだったが、「QQメッセンジャー」をプラットフォームとして、PCオンラインゲーム事業を開始。2017年時点で、世界のPCオンラインゲーム市場において66%ものシェアを確立しているなど、世界No.1のPCオンラインゲーム会社に成長している。

 また、利用者数が約10憶人に達するモバイルメッセンジャー「WeChat」もテンセントが手掛けるサービスの一つ。最近では、この「WeChat」をプラットフォームにして、広告収入を増やしていっているほか、モバイルゲーム市場にも参入して早いスピードで成長している。

 また、利用者数が約10憶人に達するモバイルメッセンジャー「WeChat」もテンセントが手掛けるサービスの一つ。最近では、この「WeChat」をプラットフォームにして、広告収入を増やしていっているほか、モバイルゲーム市場にも参入して早いスピードで成長している。

 

■香港

f:id:neeen4102:20180116002433p:plain

  • 会社名: チャイナ・モバイル
  • 時価総額: $ 2,078億(約23.2兆円) 
  • 世界ランク: 34位
  • 設立年月: 2000年
  • 分野: モバイル通信

  香港では、モバイル通信会社(日本のNTTドコモauのような会社)である「チャイナ・モバイル」が1位。

 香港のみでなく中国でもモバイル通信事業を展開しており、ユーザー数基準で世界最大のモバイル通信会社。中国には、「チャイナ・モバイル」の他に「チャイナ・ユニコム」や「チャイナ・テレコム」というモバイル通信会社があるが、その2社を足したものより3倍も大きい。

 世界1位のユーザー数から得られるデータ通信料や音声通信料をもとに、穏やかな成長を続けている成熟企業であるが、中国の都市部以外には、データ通信を自由自在に使えていない人が少なくないと思われているため、成長の余地はまだあると思われる。また、莫大な自己資本とユーザー数を武器に、ビックデータやIoTと言ったデジタルビジネスにも積極的に参入し、次なる収入源の発掘に拍車をかけているというから今後が楽しみだ。

 

■台湾

f:id:neeen4102:20180116002512p:plain

  • 会社名: 台湾・セミコンダクター・マニュファクチャリング
  • 時価総額: $ 2,078億(約23.2兆円) 
  • 世界ランク: 35位
  • 設立年月: 1987年
  • 分野: 半導体メーカー

 台湾では、半導体の受託生産会社である「台湾・セミコンダクター・マニュファクチャリング」が1位。

 もともと垂直型(1社でデザイン、生産、販売などを全部やる方式)だった半導体市場に、受託生産という概念を持ち込んで水平型(デザイン、生産、販売などの工程を複数社が分業してやる方式)に変えたのが「台湾・セミコンダクター・マニュファクチャリング」である。

 資本集約的であるが故に寡占状態となっている半導体受託生産市場において、50%以上のシェアを有し、圧倒的な存在感を示している。サムスン電子が半導体モリーに強みを持つ一方、当社は、マイクロプロセッサーに強みを持つ。iPhoneiPodのコアプロセッサーも供給していて、iPhone Xのヒットと相まって当社の業績も好調だという。

 サムスンと同様に、第4次産業革命により、半導体需要が今後も爆発的に増える見込みであることを考えると、「台湾・セミコンダクター・マニュファクチャリング」も暫くは安泰ではないだろうか。

韓国/中国/香港/台湾の週間チャート1位は?(20180101週)

 みなさんご無沙汰しております。

 

 だいぶ間が空いてしまいましたね。まぁ、去年は仕事でもプライベートでも色々あってブログをさぼっていました。(あ、色々の中にはいいことのほうが多いのでご心配なく!)

 

 年末年始に久しぶりにアクセスしてみたら、更新してない間にも、私が想定していた以上に多くの方々がアクセスしていただいていて、「頑張って続けて再開してみようかな?」と思ったところです。

 

 ということで、2018年からまたこのブログを再開したいと思います!!いつまで続くかはわかりませんが、無理しない範囲で少しずつでも更新していけたらと思うので、これからもよろしくお願いします。

 

 さて、再開後の第1弾は、定例の各国の週間チャート比較です。最近はどのような音楽が流行っているのか楽しみですね。一緒に確認してみましょう。

 

 いつも通り、当記事を作成するにあたっては、以下のチャートを参照しています。

-韓国:Melon chart

-中国:V chart

-香港:Kkbox Hongkong chart

-台湾:Kkbox Taiwan chart

 

■韓国

 男性シンガーソングライター『Dean』の「instagram」が1位にランクイン。

 当初は、EXOやVIXXなどの有名アイドルに曲を提供(共同作曲も含む)するなど、作曲家として知名度を上げていたが、2015年頃からは自らがR&Bシンガーとしても活動。自らが作曲を手がけたしっとりとしたメロディーに、甘いマスクと甘い歌声が加わり、韓国女性から多くの人気を集めているアーティスト。

 いつもはラブ・ソングを歌うことが多いDeanだが、1位曲の「instagram」では、日々の生活のなかで人々のインスタグラムを見て感じる感情をつづっている。メロディーはいつもと同じようなしっとりとした感じで、深夜に聞きたくなるような曲となっている。

www.youtube.com

 

■中国

 ボーイズグループ「TFBOYS」のボーカル『王源(レイ・ワン)』の「Sleep」が1位にランクイン。

 「TFBOYS」は、中国で最も人気のあるアイドルグループの1つで、その中でも王源は、ソロー活動やバライエティなどでの活躍により、特に多くのファンから愛されている。中国の青少年を代表して国連でスピーチをしたり、米タイムズ紙の「2017最も影響力のあるティーン30人」に選ばれるほど。既に大スターだが、まだ17歳なので、今後の活躍のほうが楽しみだ。

 1位曲の「Sleep」は、王源の6曲目のソロ曲であり、初の英語曲。こちらも甘いメロディーのバラードとなっている(やはり寒くなると甘い曲が聴きたくなるのかな?)。

 www.youtube.com

 

■香港

 ロックバンド『ToNick』の「長相廝守」が1位にランクイン。

 ToNickは、香港のポップファンクロックバンド。ロックバラードが主流となっているらしい香港で、ポップファンクを歌うバンドは珍しいらしい(確かに広東語のファンクはあまり聞いたことないなぁ)。個人的にファンクが好きなので、ToNickの曲は一通り聞いてみたいと思う。

 1位曲の「長相廝守」は、「救彊清道夫(Vampaire Cleanup Department)」というキョンシー映画の主題歌。ファンクロックバンド×キョンシー映画ということで、かなりファンキーな曲を期待したが、なんとロックバラードだった・・・。やはり、冬はバラードか・・・。 

www.youtube.com

 

■台湾

 台湾の原住民族(プユマ族)出身の歌姫である『張惠妹(A‐mei)』の「身後(Left Behind)」が1位。

 張惠妹は、台湾の勝ち抜き歌謡番組「五燈奨」で25人勝ち抜きを果たし優勝した経歴を持つ実力派。台湾の音楽シーンで原住民族出身の歌手が注目されることはあまりなかったが、張惠妹がデビューし、人気になったことをきっかけに、原住民族ブームが巻き起こっていたという。

 1位曲の「身後(Left Behind)」もバラード曲。ただ、勝ち抜き歌謡番組で25人勝ち抜きを果たしただけあって、どちらかというと甘い韓国と中国の1位曲に比べて、声量が良く、力強い。

www.youtube.com

韓国/中国/香港/台湾のリゾート地を比較してみよう。

みなさん、こんにちは。

今週は仕事が忙しく、投稿が出来ませんでした。

週末なので、いつもより睡眠はとったものの、1週間溜まった疲れは簡単には取れないですね。。。

 

愚痴っぽくなってしまいましたが、今日は、私のように疲れた人を癒してくれる、韓国/中国/香港/台湾のリゾート地を比較してみます。

 

■韓国:済州島(ジェジュ島)

f:id:neeen4102:20160604175051p:plain

  • 韓国の南端に位置する火山島。
  • 海はもちろん、世界自然遺産・歴史文化・グルメを一度に満喫できるリゾートアイランド。
  • また、牧場、茶畑、農園など、のどかな光景が広がっているおり、のんびりと余暇を楽しむのにぴったり。
  • 日本からも2時間で行ける、最も近い海外リゾート地となっている。

 

<↓↓以下、済州島の景観↓↓>

城山日出峰(リンク

 f:id:neeen4102:20160604175106p:plain

 

漢拏山(リンク

f:id:neeen4102:20160604175134p:plain

 

正房瀑布(リンク

f:id:neeen4102:20160604175203p:plain

 

挟才海水浴場(リンク

 f:id:neeen4102:20160604175215p:plain

 

 

■中国:海南島(ハイナン島)

f:id:neeen4102:20160604175237p:plain

  • 中国の最南端に位置する、白い砂浜と青い海に緑のヤシの木が揃った南の島。
  • 美しいビーチ、豊かな緑、ゴルフや話題のフィッシュセラピーも楽しめる常夏アイランド。
  • 三亜三珍を使った海南島グルメ、伝説の残る観光スポットも充実。

 

<↓↓以下、ハイナン島の景観↓↓>

大東海

f:id:neeen4102:20160604175311p:plain

  

天涯海角

f:id:neeen4102:20160604175330p:plain

 

三亜亜龍湾

 f:id:neeen4102:20160604175340p:plain

 

 

■香港:レパルスベイ

f:id:neeen4102:20160604175401p:plain

  • 香港の南区(香港島南部)にある海湾の一つ。
  • 白い砂浜と美しい海、ヨーロッパの香り漂う、香港で一番人気のビーチ。
  • 周辺にはブティック、雑貨店、 レストランが並び、高級住宅街としても有名。

 <↓↓以下、レパルスベイの景観↓↓>

  f:id:neeen4102:20160604175411p:plain

 

 

■台湾:墾丁(ケンディン)

f:id:neeen4102:20160604175432p:plain

  • 台湾にある恒春半島の最南端にある、台湾屈指の常夏のリゾート地。
  • 全体が台湾で初めて指定された国家公園となっており、豊かな自然と南国情緒を楽しむことができる。
  • 高雄にある台湾高速鉄道の左営駅から直通のバスがでているのでアクセスも便利。

 <↓↓以下、墾丁の景観↓↓>

f:id:neeen4102:20160604175446p:plain

f:id:neeen4102:20160604175458p:plain

f:id:neeen4102:20160604175510p:plain

韓国/中国/香港/台湾の週間チャート1位は?(20160523週)

各国(韓国、中国、香港、台湾)の週間チャート1位をアップデートします!

今週(5/23週)も良い曲に出会えたら良いですね。

 

当記事を作成するにあたっては、先週と同様に、以下のチャートを参照しています。

-韓国:Melon chart

-中国:V chart

-香港:Kkbox Hongkong chart

-台湾:Kkbox Taiwan chart

 

■韓国

 女性アーティスト『ペク・アヒョン』の「so-so」が1位にランク。

 ペク・アヒョンは、韓国の人気オーディション番組「K-POP Star」で3位に入賞したことを切っ掛けに、該当番組の審査委員だったパク・ジンヨン(JYP)が運営するJYPエンターテイメントと契約し、2012年に歌手デビューしたアーティスト。

 先週のTWICEに続いて、2週連続でJYPエンターテイメント所属の歌手が週間ランキング1位を獲得する形となった。

 曲の「so-soは、別に特に寂しくはないけど、恋はしたいシングルの人々の気持ちを描いた曲であり、ペク・アヒョン自身が作曲を手掛けている

www.youtube.com

 

■中国

 韓国のボーイズグループ「EXO」の中国人メンバー『张艺兴(レイ)』の「独角戏(Monodrama)完整版」が1位を獲得。

 「EXO」は東方神起やスーパージュニア、少女時代を輩出したSMエンターテイメント所属のボーイズグループで、韓国だけでなく、中国でも絶大な人気を誇っている。(もちろん日本のファンも多いので、この記事を読んでいる方々の中にもご存知の方も少なくないと思う)

 もともと「EXO」は、中国市場もターゲットにして作られたグループで、メンバー12人の内、4人が中国だったが、3人が脱退してしまい、現在は、张艺兴(レイ)だけが残っている。

 SMエンターテイメントは、今年の1月から、毎週金曜日に所属アーティストの新曲を公開するプロジェクトである「SM Station」を実施中だが、1位曲である独角戏(Monodrama)完整版」は、「SM Station」の16番目の曲であり、初の中国語曲である。

www.youtube.com

 

■香港

 ぽっちゃりの『鄭欣宜(ジョイス・チェン)』の「女神」が2週連続で1位にランク!歌手と曲については、先週も紹介したため、Youtubeのリンクだけを再度掲載する。

 他国の1位が全て変わっているのに、この曲だけ1位の座を譲っていないので、きっとそれに値する魅力があるはず。まだ聴いてない人は、ぜひ以下のMVをご鑑賞あれ。

 

www.youtube.com

 

■台湾

 シンガポール出身だが、2003年に台湾でデビューし、中華圏全体で人気を博している『林俊傑(JJ Lin)』の「不為誰而作的歌(Twilight)」が1位。

 林俊傑は、見ての通り、顔を売りにしている歌手ではない。だが、実力あるシンガーソングライターである。そして、声もいい。

 1位曲の不為誰而作的歌(Twilight)」は、「特定の誰かの為に書いた曲ではないよ」という意味。感謝する人が多すぎて、感謝の気持ちを一言で言い表せなくて、曲を通じて感謝の気持ちを伝えるために作った曲だそうだ。感謝の気持ちが伝わって来るかな?(個人的には、中国語が全部理解できなくて、感謝の気持ちは伝わってこないけど、曲は好き)

 

www.youtube.com